自己破産マル秘情報【まず弁護士などの専門家に相談】

借金返済できる見込がない

貯金箱

自己破産は、将来発生する収入や財産を処分しても到底完済が無理、支払不能であることw裁判所に認めてもらうことで法律的に借金の返済を免除してくれる制度です。弁護士に依頼することで、書類の作成や準備、裁判所とのやりとりを代行してもらえます。

詳しく見る

借金で生活困難になったら

男性

借金返済が難しくなり生活が困難となったり、事業の継続が難しくなった際に借金の免除を受けられる法定手続きが自己破産です。マイホームなどを競売にかけられるデメリットもあり、借金問題解決の最終手段となりますので弁護士に相談し、生活再建の道を探りましょう。

詳しく見る

返済義務がなくなる方法

説明

専門家に相談した方が良い

自己破産は自分が所有している財産のほとんどを処分して借金の返済に充てるかわりに、返済しきれなかった借金の返済義務をなくすことができる方法です。自己破産を行うには裁判所に破産申し立てをする必要があります。自己破産はそれ以外の方法では借金問題を解決することができない場合のみ適応されます。申し立てを行うには裁判所には自分の収入や所有財産、借金の額などがわかる書類を提出しなくてはいけません。また自己破産の申し立てをしても借金の原因が浪費などの場合には、返済義務がなくならないことがあります。借金の返済義務がなくなる免責が受けられないと、財産を処分した後も返済に苦労することになります。自己破産できるかや免責が受けられるかは、まず弁護士などの専門家に相談してみると良いでしょう。自己破産以外の方法で借金の返済ができる場合もあります。また免責を受けるのが難しい場合でも、どのように裁判官にアプローチすれば良いかを教えてもらえます。自己破産の手続き自体も弁護士に依頼すれば、自分で裁判官と交渉する必要がなくなりスムーズにできます。特に所有している財産が多い場合には、管財事件となり手続きが複雑になるので依頼した方が良いでしょう。また弁護士に手続きを依頼すると、その時点で返済をストップさせることができます。債権者からの督促などもなくなるので、安心して生活できます。返済に行き詰まったらなるべく早く弁護士に相談することが大切です。

Copyright© 2018 自己破産マル秘情報【まず弁護士などの専門家に相談】 All Rights Reserved.