自己破産マル秘情報【まず弁護士などの専門家に相談】

借金で生活困難になったら

男性

債務免除で生活再建を

多額の借金や多重債務で借金が返せなくなり、生活するにも困難になった際や事業の継続が難しくなった際に生活を立て直す手段として国で用意している制度に自己破産があります。裁判所に申し立てを行い、裁判官が借金の額や収入状況、その他の資産や生活の仕方や働き方、家族構成をはじめ、借金が返せなくなった理由や経緯、今後の見通しなどを含めて判断を行います。債権者の意見なども聞き、状況を精査した結果、必要ありと認められれば、借金が全て免除され返済義務から解放してもらうことができます。ただし、マイホームや車や一定以上の価値のある貴金属などを持っている場合には競売にかけられ、売却されたお金を債権者に借金の額に応じて配分されます。競売にかけられるような財産がない場合には借金の返済義務だけがなくなり、今後の新たな生活に向けてイチからリスタートを切ることができる環境を手に入れることができます。生活家財や当面の生活に必要となる現金などは競売されることはないので、借金がなくなることで生活再建の道が開かれます。自己破産を行う手続きは一個人でも行えますが、書類の作成や必要な書類を集めたり添付する手続きや、裁判所の法廷での手続きは専門知識がないと難しいのが通常です。そのため、自己破産手続きのエキスパートである弁護士に相談し、手続きを依頼するのが賢明です。自己破産はマイホームなどを失うリスクがあることから借金問題解決の最終手段となりますので、弁護士に相談して最適な解決法のアドバイスを受けましょう。

Copyright© 2018 自己破産マル秘情報【まず弁護士などの専門家に相談】 All Rights Reserved.